ペンシル型マジックアイ 6E5P(2017年6月)

 先日、ホームページの読者からソケットが抜けてしまったマジックアイの接続が分からないかとの問い合わせがあった。ガラス管から出ているリード線は6本。直線状に並んでいるのだが、これがソケットのどのピンに接続されるか、との問いなのだが、残念ながらこれに関する資料は見たことがない。

 どう考えても、実際に内部電極を見て推測するしかない事態なので、現物を送ってもらい修理することになった。なお、この読者は、おっちゃんがかつて修理した日立のS−567というラジオの修理記の中で、同型のマジックアイを紹介していたことがあったので、ひょっとしたらという思いで尋ねられたようである。

 ラジオの修理依頼はけっこうあるのだが、ソケットの抜けた真空管の修理を引き受けるのは初めての経験だ。

 クリックで拡大。

 さて、電極の構造や配置からその電極が何なのかを推測するのはけっこう大変だ。このマジックアイは6E5という標準のものよりも一回り細く、しかも特殊な構造をしている。それでも、中心部にヒーターがあり、その外側を筒状に覆うのがカソードであることは真空管の基本だから、目を凝らして見ればすぐに見当がついた。

 またグリッドは外からは見えないが、内部へ引き込まれている位置からおおよそこれだろうと目星をつける。

 ターゲット電極はこのペンシル型マジックアイでは縦に長い棒状のものでこれはすぐに分かる。残った電極がプレートということになる。たしかにこの電極は一番大きな板状のものに接続されているので間違いない。

 結局、ゲッターが無いほうから見て、左からTA,K,H,H,G,Pとなる。

 mt管ソケットの脚は非常に細くハンダ付けの前に事前準備が必要だ。まず、脚の中に残っているハンダをきれいに取り除くことである。脚の穴は非常に小さいので、手動式のハンダ吸引器ではなかなか吸い取れない。

 そこでおっちゃんが採った方法は、半田ごてで温めた脚の先から尖った針を突っ込んでハンダを押し出すというもの。このときに使う針は木綿針では太すぎるので、細い絹針を使うと良い。

 きれいに掃除できた脚に、つづいてリード線を突っ込むのだが、あらかじめガラス管から出ているリード線をピンの配置にできるだけ合うように整形するのが一苦労。この作業に一番の時間をかける。

 脚の中にリード線を入れるときは一度にすっぽり入らないので、微妙にリード線をずらしながら一つずつ穴に納めていくことと、力を入れ過ぎるとリード線が曲がってしまうのでわずかに左右に捩るようにして、少しずつ押し込んでいくようにするのがコツ。

 仮止めテープで固定して動作テストを行う。このマジックアイの動作環境は6E5の動作環境とほぼ同じなので、変換ソケットを製作して行う。

 クリックで拡大。

 あまり強くない電波を受信したときの状態。緑色の部分が根元から少しだけ伸びているのが分かる。

 クリックで拡大。

 強い電波を受信したときはペンシルの先まですぽっと緑色に輝く。ただ輝度はかなり落ちているので、感動するような輝きではないのだが・・・。

 このタイプのマジックアイは世の中に多く残っているとは思えない。またmt管ソケットタイプなので、ソケットの脚の中で接触不良を起こしている例が多いと思われる。もし光らないマジックアイがあってもひょっとしたら脚のハンダ付けのやり直しで蘇ることがあるから、けっしてあきらめないことだ。