リンカーン KFA-W71
 (落札時のオークションの謳い文句)ジャンク品 音が出ません、要修理。汚れ、ワレ、欠けがあります。

 これは珍しいラジオが手に入った。米国輸出仕様のリンカーン製FMラジオである。たぶん米国で売られたものが何かのきっかけで日本に舞い戻り、誰かの家で使用されたかどうかわからないが、ヤフオクに出品されたものである。海外製ラジオがまとめて出品された中の1台なので、コレクターの放出品だろうと思われる。

 このラジオにリンカーンという名は一切記されていないけれども、デザインから間違いなくリンカーン(協和電気化学)製だと分かる。日本のオークションには出てこないが実は米国のオークションではけっこう見かける機種なのである。

 たぶん昭和36年頃に日本から輸出されたものだと思う。FMの周波数帯は88〜108MHzという米国仕様。117Vの電源が定格なのだが、出力管が50C5なので、35C5や30A5に差し替えれば立派に日本でも使用できる構成だ。

 FMフロントエンドは12DT8という双3極管2本を使ったやや古い設計になっている。リンカーンは日本国内でもFM受信可能なラジオを販売したような記録はあるが、まだ実物を見たことがない。最近はFM機を中心に弄っているおっちゃんとしては涎が出そうな興味あるラジオである。

 クリックで拡大。